禁煙推進活動とは

私たちの身の回りには多くの害が存在します。
自動車が排出する排気ガス、工場から流れ出る工業用排水、大気汚染の一種でもある光化学スモッグなど様々です。

どれも人間の健康に対して害を及ぼすものです。
上記の害は人間が好んで体内に取り入れるわけではありません。
むしろ遠ざけたいと感じる害なのです。
しかし、中には人間が好んで体内に取り入れている害があります。
それがタバコの煙です。
タバコの煙は喫煙者が好んで体内に取り込んでいる害なのです。
タバコにはニコチンという猛毒の成分が入っています。
これは発がん性物質があり、時間とともに少しずつ体内の中に蓄積されていきます。
他にもタールという物質があります。
これは依存性の強い物質が入っており、人間が吸い込むと中毒症状を起こして自ら好んで吸い込み続けるようになるのです。
ニコチンだけしか入っていなければ誰も好き好んで自ら吸うことはしませんが、タールが原因で依存度が高まって吸い続けてしまうわけです。
このようにニコチンもタールも人間にとって悪影響を及ぼす存在です。
タバコは吸っても良い影響は何一つないのです。
タバコを吸う人たちの多くはどこかでタバコを止めたいと考えているものです。
しかし、前述したように依存度が非常に強いため、なかなか止めることはできません。

自分の意志だけで実際に禁煙できる人は1割程度と言われています。
現在は禁煙を希望する人たちのために様々な禁煙アイテムが考案されています。
中でも注目を集めているのが禁煙補助薬のチャンピックスです。
これは禁煙成功率が5割程度と非常に高く、多くの人を禁煙に導いています。
ニコテックスなどの禁煙ガムよりも成功率が高いのです。
また、日本では禁煙を推進するために禁煙推進活動を行なっています。
禁煙推進活動とはタバコの有害性や喫煙の影響を訴えて、禁煙を推進していく活動のことです。
このように禁煙に対して協力してくれる存在があるのです。